DESIGN-8-4

クライテリア

事業フェーズに応じて、プロダクトマーケティングや詳細な要求分析、UX評価など適切な分業体制を引くことができているか。

タイプ

プロダクトマネジメント

観点

プラクティス

FAQ

Q. 事業フェーズに応じた分業体制の例を教えて下さい。

たとえば、PMF(Product Market Fit)後の事業における課題は、マーケティング方面に傾倒する一方、多様なニーズに答えるための仕様自体は複雑になる傾向があります。そういった際に、プロダクトーマーケティングマネージャと要件定義におけるプロダクトマネージャをわけるといったケースがあります。

このようにプロダクトのフェーズに応じてプロダクトマネージャに求められるスキルセットは、異なってきます。それらを総合したものとして、プロダクトマネジメントトライアングルといったものが提案されています。1名で全てをこなすのは困難なことも多くあるため、必要に応じて強みを生かした分業体制が引けることで、事業成長をスムースに行いやすくなります。

参考資料