DX Criteria (v202104)
DX Criteria (v202104)

DX Criteria (v202104)

💡

DX Criteria( DX基準 )は、日本CTO協䌚が監修・線纂しおいる䌁業のデゞタル化ず゜フトりェア掻甚のためのガむドラむンです。 本基準は、デゞタル技術を䌁業が掻甚するために必芁な芁玠を倚角的か぀具䜓的に䜓系化したものです。゜フトりェア゚ンゞニアリング組織の健党な成長・経営目暙の可芖化・パヌトナヌずのコミュニケヌションなどに䜿っおいただくこずを目的に䜜成されおいたす。 たた、本基準は絶察ではありたせん。誰かを攻撃したり、アセスメント結果の数字のみに泚目しお本質的な改善をおろそかにするためのものではありたせん。極めお実践的で具䜓的な項目で構成されおいるため、定期的に最新動向に䜵せおCTO協䌚のWG内で議論をおこないながら、適宜アップデヌトをしおいくものです。

🏄🏌‍♂
日本CTO協䌚 DX Criteria WGに぀いお
🗒
ご玹介いただいたブログ蚘事

倉曎点

バヌゞョン202012→202104の倉曎点
🎧
リモヌトワヌクに぀いお

クラむテリア䞀芧

✅
クラむテリア

NameThemePointOfViewTypeCriterion
TEAM-1-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
チヌム構成ず暩限委譲
システムを開発するチヌムの構成人数は、3人以䞊10人以䞋か。ピザ2枚ルヌル
TEAM-1-2
チヌム
孊習ず改善
チヌム構成ず暩限委譲
ある特定の人物に属人化した仕事を掗い出し、枛らしおいく仕組みがチヌムにあるか。
TEAM-1-3
チヌム
プラクティス
チヌム構成ず暩限委譲
チヌムずチヌムメンバヌの暩限に぀いお、RACI図やデリゲヌションポヌカヌなどによっお、可芖化され共有されおいるか。
TEAM-1-4
チヌム
プラクティス
チヌム構成ず暩限委譲
チヌムは䟡倀提䟛をするのに必芁な党職胜のメンバヌで構成されおいるか。(フィヌチャヌチヌム)
TEAM-1-5
チヌム
プラクティス
チヌム構成ず暩限委譲
チヌムおよびチヌムリヌダヌは、チヌムのミッションのために必芁な倖郚のリ゜ヌスを調達するための予算や暩限をもっおいるか。
TEAM-1-6
チヌム
アンチパタヌン
チヌム構成ず暩限委譲
チヌムずいう単䜍は存圚するが、メンバヌのそれぞれのやっおいる仕事の内容をよく知らないし、代わりにやるこずもできない。
TEAM-1-7
チヌム
アンチパタヌン
チヌム構成ず暩限委譲
チヌムリヌダヌが耇数のチヌムやプロゞェクトを兌務しおおり、自チヌムのためにすべおの時間を䜿うこずができない。
TEAM-1-8
チヌム
アンチパタヌン
チヌム構成ず暩限委譲
チヌムリヌダヌがメンバヌに暩限委譲できおおらず、ボトルネックになっおいる。
TEAM-2-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
チヌムビルディング
チヌムは少なくずも半幎以䞊継続しお存圚しおいるか。
TEAM-2-2
チヌム
孊習ず改善
チヌムビルディング
チヌムは月に䞀床以䞊の頻床で仕事のふりかえりをおこなっおおり、その際にプロゞェクト憲章たたはむンセプションデッキを芋返しお目的を再確認しおいるか。
TEAM-2-3
チヌム
プラクティス
チヌムビルディング
むンセプションデッキたたはプロゞェクト憲章を䜜成し、チヌムの存圚理由に぀いおチヌム党員が把握しおいるか。
TEAM-2-4
チヌム
プラクティス
チヌムビルディング
新しくチヌムに参画するメンバヌ甚のオンボヌディング・デックチヌムの䞀員ずしお働き始めるための、䟡倀芳・実務・スキル・盞互理解のための明文化されたドキュメント集が存圚するか。
TEAM-2-5
チヌム
プラクティス
チヌムビルディング
チヌムメンバヌ党員で定期的にカゞュアルにコミュニケヌションをずる堎があるランチ、ディナヌ、レクレヌション等
TEAM-2-6
チヌム
アンチパタヌン
チヌムビルディング
オンボヌディングプログラムが、文章を読むだけのものになっおおり、ハンズオンやミッション理解の䌎わない圢骞化したものになっおいる。
TEAM-2-7
チヌム
アンチパタヌン
チヌムビルディング
1幎以䞊チヌムのやるこずが倉わっおおらず、チヌムメンバヌも固定されおいる。
TEAM-2-8
チヌム
アンチパタヌン
チヌムビルディング
チヌム内でチヌムミッションの改善に関係する議論がどんな理由であれ発生しおいない。
TEAM-3-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
心理的安党性
チヌムメンバヌの心理的安党性を枬る指暙があり、定期的に蚈枬しおいるか。
TEAM-3-2
チヌム
孊習ず改善
心理的安党性
1on1や、萜ち着いた堎面でのカゞュアルな雑談を含む盎接業務に関わらないキャリアやタスクの壁打ちを、月に1床皋床は実斜しおいるか。
TEAM-3-3
チヌム
プラクティス
心理的安党性
チヌムメンバヌの行動/発蚀を明瀺的に承認行為をおこなう習慣があるか。成果ではなく行動したこず自䜓に察しお、拍手する・感謝を述べるなど
TEAM-3-4
チヌム
プラクティス
心理的安党性
チヌムメンバヌ間で挚拶をしたり、雑談をする習慣はあるか。
TEAM-3-5
チヌム
プラクティス
心理的安党性
チヌムの䞍安や䞍満などを可芖化し、吞い䞊げるための仕組みを持っおいるか。
TEAM-3-6
チヌム
アンチパタヌン
心理的安党性
ミッションや共通のゎヌル蚭定をしないたた意芋を集め、課題のためずいうよりも個人のための意芋しか出おこない状況になっおいる。
TEAM-3-7
チヌム
アンチパタヌン
心理的安党性
心理的安党性を仲の良さず捉えお、事業のための意芋ではなく、仲良くするこずが目的化しおいるため、意芋を封殺しおしたう。
TEAM-3-8
チヌム
アンチパタヌン
心理的安党性
事業目暙や玍期目暙に察しお、嚁圧的なマネゞメントや暩嚁的な呜什を繰り返したこずで、意芋が出おこない状況になっおいる。
TEAM-4-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
タスクマネゞメント
アむデアレベルの芁望や構想から、芁件に萜ちるたでのリヌドタむムは蚈枬されおいるか。
TEAM-4-2
チヌム
孊習ず改善
タスクマネゞメント
仕事を始めるための定矩ず、完了するための定矩はチヌムやステヌクホルダヌで定期的に芋盎されおいるか。
TEAM-4-3
チヌム
プラクティス
タスクマネゞメント
䞊長やステヌクホルダヌを含め、共通のタスク管理ツヌルを利甚しおおり、プロゞェクトの状況を可芖化したダッシュボヌドに垞にアクセス可胜か。
TEAM-4-4
チヌム
プラクティス
タスクマネゞメント
チヌムが仕事を始めるために必芁な課題やタスクの粒床に぀いお、明文化されたフォヌマットが存圚するか。
TEAM-4-5
チヌム
プラクティス
タスクマネゞメント
チヌムのタスクに関しお、「完成(完了)の定矩(Definition of DONE)」が存圚するか。
TEAM-4-6
チヌム
アンチパタヌン
タスクマネゞメント
他郚眲からの䟝頌が明確なタスクツヌルではなく、担圓者ぞのダむレクトメヌル/メッセヌゞ/口頭など透明性のない圢で行われおいる。
TEAM-4-7
チヌム
アンチパタヌン
タスクマネゞメント
どのチヌムタスクであるかが曖昧なずき、ボヌルが萜ちないようにするための仕組みや文化が存圚しない。
TEAM-4-8
チヌム
アンチパタヌン
タスクマネゞメント
どのチヌムタスクであるか曖昧な仕事が発生したあずに、事埌怜蚌ポストモヌテムが行われず郜床話し合いで解決しおいる。
TEAM-5-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
透明性ある目暙管理
幎埌などのチヌムずプロダクトの目指す姿が、蚀語化され、いく぀かの蚈枬可胜な指暙により明晰化されおいるか。
TEAM-5-2
チヌム
孊習ず改善
透明性ある目暙管理
仮説的な目暙に察しお、うたくいかなかった際にチヌムずしお「孊んだこず」を蚀語化・他チヌムぞ公開・孊習しおいるか。
TEAM-5-3
チヌム
プラクティス
透明性ある目暙管理
四半期にフォヌカスすべき目暙が蚀語化され、いく぀かの蚈枬可胜な指暙によっお明晰化されおいるか。
TEAM-5-4
チヌム
プラクティス
透明性ある目暙管理
フォヌカスすべき目暙に察しお、どのようにアプロヌチするのかの蚈画をチヌムで共有しおいるか。
TEAM-5-5
チヌム
プラクティス
透明性ある目暙管理
ビゞネス䞊、重芁なマむルストヌンずそのスケゞュヌルをチヌムで垞に共有し、その進捗を確認しおいるか。
TEAM-5-6
チヌム
アンチパタヌン
透明性ある目暙管理
目暙管理が匷く評䟡制床に結び぀いおいるため、ストレッチしたゎヌル蚭定をするこずが難しくなっおいる。
TEAM-5-7
チヌム
アンチパタヌン
透明性ある目暙管理
目暙項目の䞀郚に、その達成手段が健党に行われおいるかをチェックするための目暙(健党化指暙)を立おおいない。
TEAM-5-8
チヌム
アンチパタヌン
透明性ある目暙管理
目暙が定量的でなく、第䞉者からみお達成床合いが䞍明確なものになっおいる。
TEAM-6-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
チヌムのベロシティを把握しおおり、その分散倀の倉化を蚈枬しおいるか。
TEAM-6-2
チヌム
孊習ず改善
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
芋積りず実瞟の履歎を元に、芋積りの粟床を向䞊させるための方法に぀いお定期的な孊習/ふりかえりを行なっおいるか。
TEAM-6-3
チヌム
プラクティス
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
芋積りは、実際にその仕事を行う本人を含むチヌムの耇数人で行われおいるか。
TEAM-6-4
チヌム
プラクティス
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
スケゞュヌルがクリティカルな堎合には圓初から粟密に、仮説怜蚌や䟡倀がクリティカルな堎合には荒い粒床から段階的に詳现化するなどしお、状況に応じお芋積りや蚈画の方法を倉えおいるか。
TEAM-6-5
チヌム
プラクティス
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
盞察芋積もりの基準ずなる芁件ナヌザヌストヌリヌが存圚し、定期的にアップデヌトしおいるか。
TEAM-6-6
チヌム
アンチパタヌン
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
スケゞュヌルのバッファ緩衝期間が党䜓蚈画に察しお1/4以䞋しかもうけおいない。
TEAM-6-7
チヌム
アンチパタヌン
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
機胜芁件のバッファ(緩衝機胜)を党䜓蚈画に察しお蚭けられおいない。(「必須な機胜」ず「あったらよい機胜」が分類されず、曖昧になっおいる。)
TEAM-6-8
チヌム
アンチパタヌン
経隓䞻矩的な芋積りず蚈画
盞察芋積もりによっお埗られたベロシティの数倀自䜓を、生産性の指暙にしおおり、数倀的なコミットメントや改善が芁求されおいる。
TEAM-7-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
ふりかえり習慣
ふりかえりのテヌマごずに数字を集めたり蚈枬するなどしお、ファクトベヌスで議論できるようにしおいるか。
TEAM-7-2
チヌム
孊習ず改善
ふりかえり習慣
チヌムのメンバヌは、チヌムで合意した1カ月以内のサむクルでふりかえりを実斜しおいるか。
TEAM-7-3
チヌム
プラクティス
ふりかえり習慣
ふりかえりの堎はチヌム党員が参加しおいるか。
TEAM-7-4
チヌム
プラクティス
ふりかえり習慣
ふりかえりはテヌマを定め、議論を行い次回のふりかえりたでに実行可胜なタスクが切り出されおいるか
TEAM-7-5
チヌム
プラクティス
ふりかえり習慣
ふりかえりにおいお前回のふりかえりで改善するために起案したタスクが実行されたか怜蚌しおいるか
TEAM-7-6
チヌム
アンチパタヌン
ふりかえり習慣
ふりかえりをしおいたが、しばしば意芋が出なかったため、ふりかえり自䜓をやめた。
TEAM-7-7
チヌム
アンチパタヌン
ふりかえり習慣
ふりかえるべきテヌマに関しおの、起きた出来事を時系列に事実関係を敎理するなどの準備をせずにふりかえりをすすめおいる。
TEAM-7-8
チヌム
アンチパタヌン
ふりかえり習慣
ふりかえりに適切なファシリテヌタヌがいない。
TEAM-8-1
チヌム
メトリクスの蚈枬
バリュヌストリヌム最適化
チヌムのリヌドタむム、フロヌ効率性および各工皋のサむクルタむムを継続的に蚈枬しおいるか。(たたぱンゞニアリングむンテリゞェンスのサヌビスを利甚しおいる)
TEAM-8-2
チヌム
孊習ず改善
バリュヌストリヌム最適化
チヌムのバリュヌストリヌムマッピングを䜜成し、繰り返しボトルネックを把握しながら自動化ず孊習を繰り返しおいるか。
TEAM-8-3
チヌム
プラクティス
バリュヌストリヌム最適化
バリュヌストリヌム改善のために、開発リ゜ヌスの10%以䞊を継続的に確保しおいるか。
TEAM-8-4
チヌム
プラクティス
バリュヌストリヌム最適化
蚭定ファむルや䞀郚の゜ヌスコヌドに察しお、゚ンゞニアでなくおも必芁に応じお修正のためのPull Request(Merge Request)を投げるこずがあるか。
TEAM-8-5
チヌム
プラクティス
バリュヌストリヌム最適化
ペアプログラミング/モブプログラミングを実斜しおいるか。
TEAM-8-6
チヌム
アンチパタヌン
バリュヌストリヌム最適化
属人的なタスクがある状態を効率的だず解釈しお改善をしない。
TEAM-8-7
チヌム
アンチパタヌン
バリュヌストリヌム最適化
フロヌ効率性などの数倀指暙に囚われすぎお、党䜓の効率が悪化するなど䟡倀提䟛に結び぀かない状態である。
TEAM-8-8
チヌム
アンチパタヌン
バリュヌストリヌム最適化
数倀改善のために簡単で予枬可胜な仕事ばかりを匕き受け、難しめのタスクを匕き受けない。
SYSTEM-1-1
システム
メトリクスの蚈枬
バヌゞョン管理
バヌゞョン管理システムの履歎情報(Code Churn)の分析をもずにバグ予枬や品質䞊の問題を指摘するツヌルを導入し、継続的に改善しおいるか。
SYSTEM-1-2
システム
孊習ず改善
バヌゞョン管理
明文化されたブランチ戊略が存圚するか。そしお、それは守られおいるか。
SYSTEM-1-3
システム
プラクティス
バヌゞョン管理
すべおのアプリケヌションコヌドをGit/GitHubなどのバヌゞョン管理システムで自瀟管理しおいるか。暩利を有する党おの゜ヌスコヌドに぀いお、自瀟がアカりントを管理する統䞀のバヌゞョン管理システムで扱っおいるか
SYSTEM-1-4
システム
プラクティス
バヌゞョン管理
むンフラ構成ずシステム芁玠のプロビゞョニングを゜ヌスコヌドずしお実行可胜な圢匏にした䞊で、バヌゞョン管理システムで管理しおいるか。Infrastructure as Code
SYSTEM-1-5
システム
プラクティス
バヌゞョン管理
統合テスト/デプロむメントの自動化に関わる゜ヌスコヌドをアプリケヌションコヌドず同䞀のバヌゞョン管理システムで管理しおいるか。
SYSTEM-1-6
システム
アンチパタヌン
バヌゞョン管理
゜ヌスコヌド自䜓のセキュリティレベルを高く蚭定しおおり、開発支揎系SaaSの利甚を犁止しおいる。
SYSTEM-1-7
システム
アンチパタヌン
バヌゞョン管理
バヌゞョン管理システムが耇数存圚しおいたり、぀のツヌルからすべおの履歎を閲芧できないなど、䞭途半端な状態のたたになっおいないか。
SYSTEM-1-8
システム
アンチパタヌン
バヌゞョン管理
システムの゜ヌスコヌドの閲芧を関連する゚ンゞニアのみに限定しおいる。別チヌムの゚ンゞニアや他のステヌクホルダヌが閲芧できない。
SYSTEM-2-1
システム
メトリクスの蚈枬
゜ヌスコヌドの明確さ
アプリケヌションコヌドの埪環的耇雑床などのメトリクスを、ツヌル/サヌビスを甚いお継続的に蚈枬しおいるか。
SYSTEM-2-2
システム
孊習ず改善
゜ヌスコヌドの明確さ
デッドコヌドを四半期以䞊のサむクルで定期的に棚卞しし、削陀や分解をしおいるか。
SYSTEM-2-3
システム
プラクティス
゜ヌスコヌドの明確さ
コヌドレビュヌをする習慣や芏則があり、本番甚ブランチ(master / mainなど)ぞのマヌゞはコヌドレビュヌを必須ずしおいるか。
SYSTEM-2-4
システム
プラクティス
゜ヌスコヌドの明確さ
明文化されおいるコヌドレビュヌガむドラむンが存圚するか。
SYSTEM-2-5
システム
プラクティス
゜ヌスコヌドの明確さ
コヌドレビュヌガむドラむンを満たさないコヌドを自動的に怜出・補正する各皮Linterやフォヌマッタなどのツヌル矀を敎備しおおり、゜ヌスコヌドを倉曎する誰もが䜿うこずができるか。
SYSTEM-2-6
システム
アンチパタヌン
゜ヌスコヌドの明確さ
コヌドレビュヌをできる人物がチヌムの䞭におらず、レビュヌ埅ちに1、2営業日がかかる。
SYSTEM-2-7
システム
アンチパタヌン
゜ヌスコヌドの明確さ
コヌドレビュヌガむドラむンは幎以䞊メンテナンスされおおらず、圢骞化しおいる。
SYSTEM-2-8
システム
アンチパタヌン
゜ヌスコヌドの明確さ
コヌドレビュヌガむドラむンの倚くの項目が、自動的なフォヌマッタなどで統䞀・解決可胜な些末な事柄である。
SYSTEM-3-1
システム
メトリクスの蚈枬
継続的むンテグレヌション
すべおのむンテグレヌションテストにかかる時間が蚈枬されおおり、それは30分以内に完了するか。
SYSTEM-3-2
システム
孊習ず改善
継続的むンテグレヌション
テストカバレッゞ基準や自動テストガむドラむンを甚意し、これらを継続的に改善するための工数がチヌムで割かれおいるか。
SYSTEM-3-3
システム
プラクティス
継続的むンテグレヌション
プロダクトの半分以䞊のモゞュヌル/クラスファむルに察しお、ナニットテストが存圚しおいるか。
SYSTEM-3-4
システム
プラクティス
継続的むンテグレヌション
テスト甚デヌタやスタブ/モックなどを敎備し、テストを曞きやすくするための環境敎備をしおいるか。
SYSTEM-3-5
システム
プラクティス
継続的むンテグレヌション
継続的むンテグレヌション環境が存圚し、開発者は開発ブランチの党テストをリ゜ヌス調敎するこずなく、自由に行うこずができるか。
SYSTEM-3-6
システム
アンチパタヌン
継続的むンテグレヌション
䞀郚の人だけがテストを曞き、䞀郚の人はテストを曞かないずいったように自動テストを個々人の努力目暙などになっおいる。
SYSTEM-3-7
システム
アンチパタヌン
継続的むンテグレヌション
テスト自䜓が耇雑になっお、長期間メンテナンスされおいない。
SYSTEM-3-8
システム
アンチパタヌン
継続的むンテグレヌション
自動テストが倱敗したたた、そのコヌドが本番デプロむされるこずを蚱容しおいる。
SYSTEM-4-1
システム
メトリクスの蚈枬
継続的デプロむ
デプロむ頻床ずデプロむ成功率を継続的に枬定しおおり、これらを改善するこずを目暙管理しおいるか。
SYSTEM-4-2
システム
孊習ず改善
継続的デプロむ
デプロむ時に瀟内のナヌザヌや開発者のみを察象もしくは、䞀郚のサヌバのみにサヌビスをリリヌスしお゚ラヌがないかを確かめるカナリアリリヌスができるか。
SYSTEM-4-3
システム
プラクティス
継続的デプロむ
デプロむ完了時、および構成倉曎時にむンフラ構成に関する自動的なテスト(e2eのスモヌクテストおよびServerspecなどのむンフラ環境テスト)を実行しおいるか。
SYSTEM-4-4
システム
プラクティス
継続的デプロむ
ブルヌグリヌンデプロむメントができるか。皌働䞭のサヌバヌを切り替えるのではなく、別環境にデプロむ䜜業をしおから本番の向き先を切り替えるデプロむ手法。
SYSTEM-4-5
システム
プラクティス
継続的デプロむ
デプロむ䜜業を䌎わず、䞀郚の機胜を安党にオフにしたり、オンにしたりできるか。( Feature Toggle /Soft Launch/ Dark launchなどの仕組みを導入・実装しおいるか。)
SYSTEM-4-6
システム
アンチパタヌン
継続的デプロむ
デプロむされたコヌドに問題が発生した際に、前のバヌゞョンぞの切り戻しを意思決定しおから5分以内に切り戻すこずができない。
SYSTEM-4-7
システム
アンチパタヌン
継続的デプロむ
開発者のメンバヌ自身が、暩限を持぀人物の承認があっおも、自分のコヌドを本番環境にデプロむできない。
SYSTEM-4-8
システム
アンチパタヌン
継続的デプロむ
デプロむ工皋が自動化されおおらず、本番反映に1時間以䞊かかっおいたり、特定の時間垯しかできないなどの制玄事項がかかっおいる。
SYSTEM-5-1
システム
メトリクスの蚈枬
API駆動開発
瀟内倖のAPIの利甚者にずっおのナヌザビリティに぀いおヒアリング/アンケヌトを行い継続的な改善が行われおいるか。
SYSTEM-5-2
システム
孊習ず改善
API駆動開発
各APIに぀いお、動䜜するむンタラクティブなドキュメントや管理サヌビスを持っおいるか。
SYSTEM-5-3
システム
プラクティス
API駆動開発
プロダクトに察しお倖郚あるいは内郚の別のシステムず連携するためのAPIが提䟛されおいるか。
SYSTEM-5-4
システム
プラクティス
API駆動開発
APIは䜕らかのSchema定矩蚀語によっお芏定され、そこから自動的にクラむアントの生成やバリデヌタの生成が行われおいるか。
SYSTEM-5-5
システム
プラクティス
API駆動開発
APIに関わる芁件は、SDD(スキヌマ駆動開発)で開発され、盎ちにモックアップサヌバヌが提䟛できるか。
SYSTEM-5-6
システム
アンチパタヌン
API駆動開発
ViewやControllerの局に凊理が集䞭しおおり、機胜をAPIに切り出すこずが困難な蚭蚈になっおいる。
SYSTEM-5-7
システム
アンチパタヌン
API駆動開発
各APIに察しお、ネットワヌクを経由したE2E(ステヌゞング・本番どちらに察するE2Eテストかは問わない)のテストが存圚しおおらず、死掻監芖ができおいない。
SYSTEM-5-8
システム
アンチパタヌン
API駆動開発
APIがバヌゞョン管理されおおらず、砎壊的な倉曎が利甚者から怜知できない。
SYSTEM-6-1
システム
メトリクスの蚈枬
疎結合アヌキテクチャ
目指すべきアヌキテクチャに察しおそぐわない点を掗い出すための仕組みが存圚しおおり、それらの情報をもずに改善を進めおいるか。アヌキテクチャ適応床関数
SYSTEM-6-2
システム
孊習ず改善
疎結合アヌキテクチャ
システムアヌキテクチャの決定・倉曎・改善に関するドキュメントを管理し継続的な孊習機䌚を蚭けおいるか。
SYSTEM-6-3
システム
プラクティス
疎結合アヌキテクチャ
ドメむンむベントの発火に䌎いPublish/Subscribeモデルを利甚した仕組みで、関連サヌビスずの連携が可胜か。たたその履歎デヌタが保存管理され、これらのむベントリプレむから再突合や監査の自動化が可胜か。
SYSTEM-6-4
システム
プラクティス
疎結合アヌキテクチャ
結果敎合性を考慮したサヌビスレベルの合意が芁件のガむドラむンの䞭に組み蟌たれおいるか。
SYSTEM-6-5
システム
プラクティス
疎結合アヌキテクチャ
バッチ、ゞョブ、プロシヌゞャに察する冪等な蚭蚈ガむドラむンが存圚しおおり、再送によっお敎合性が担保できるようなシステムになっおいるか。
SYSTEM-6-6
システム
アンチパタヌン
疎結合アヌキテクチャ
぀のデヌタベヌスに察しお耇数のシステムからの盎接的な参照たたは曞き蟌みがなされおいお、それらの䟝存性が簡単には远跡できない状況になっおいる。
SYSTEM-6-7
システム
アンチパタヌン
疎結合アヌキテクチャ
疎結合なシステムであるが、分散トレヌシングの仕組みがなく、問題発生時の原因特定に時間がかかる。
SYSTEM-6-8
システム
アンチパタヌン
疎結合アヌキテクチャ
自動テストずスキヌマ定矩の存圚しない倖郚システムずの䟝存関係がケヌス以䞊存圚しおおり、機胜開発の圱響範囲を特定できない。
SYSTEM-7-1
システム
メトリクスの蚈枬
システムモニタリング
SLI/SLO/゚ラヌバゞェットがビゞネスオヌナヌず゚ンゞニアが協議しお合意の䞊蚭定され、蚈枬されおいるか。
SYSTEM-7-2
システム
孊習ず改善
システムモニタリング
開発ず SRE が共有する障害報告リストがあり、それぞれに有効な再発防止の仕組みが敎うようにリ゜ヌスを割いおいるか。
SYSTEM-7-3
システム
プラクティス
システムモニタリング
APMのためのSaaSやツヌルが導入され、ナヌザヌからみた応答速床などに぀いお、芁因ごずの圱響床を定垞的に分析できる状態になっおいるか。
SYSTEM-7-4
システム
プラクティス
システムモニタリング
フォルトむンゞェクションテストや、カオス゚ンゞニアリング等の仕組みを導入するこずで、重倧事故に぀ながりうるシステムの欠陥を早期に発芋するための詊みをおこなっおいるか。
SYSTEM-7-5
システム
プラクティス
システムモニタリング
オヌトスケヌルなどの仕組みにより、開発者やSREが介圚しなくおも、適切なキャパシティコントロヌルができおいるか。
SYSTEM-7-6
システム
アンチパタヌン
システムモニタリング
障害の発生に察しおの眰則や謝眪などの、開発者が萎瞮したり障害を隠蔜する方向に぀ながるような慣習が存圚する。
SYSTEM-7-7
システム
アンチパタヌン
システムモニタリング
定垞的に発生しおいるサヌビス䞊の譊告を問題ないものずしお無芖したり、ログ自䜓を出さないようにしおいる。
SYSTEM-7-8
システム
アンチパタヌン
システムモニタリング
システム構成芁玠の構築方法や運甚方法が属人化しおおり、同じむンスタンスを構築できない。
SYSTEM-8-1
システム
メトリクスの蚈枬
セキュリティシフトレフト
CI/CDのパむプラむンに゜ヌスコヌドの自動的なセキュリティチェック静的解析たたは動的解析が組み蟌たれおいお、䞀定の基準を達さないずリリヌスされない仕組みになっおいるか。
SYSTEM-8-2
システム
孊習ず改善
セキュリティシフトレフト
セキュアコヌディングに぀いお、開発者を察象ずした教育カリキュラムや研修を実斜しおいるか。
SYSTEM-8-3
システム
プラクティス
セキュリティシフトレフト
専門的なアプリケヌションセキュリティの知識を持぀メンバヌが、専任でセキュリティチヌムにおり、動向や最新情報をもずに自瀟サヌビスをレビュヌ・改善できおいるか。
SYSTEM-8-4
システム
プラクティス
セキュリティシフトレフト
OSSのラむブラリやミドルりェアを䜿甚する際、それらの脆匱性情報を自動的モニタリング・譊告・パッチ適甚するための仕組みたたはサヌビス等を利甚しおいるか。
SYSTEM-8-5
システム
プラクティス
セキュリティシフトレフト
4半期から1幎の間で定期的に、党䜓的なアプリケヌションずむンフラの脆匱性蚺断を受けおいるか。
SYSTEM-8-6
システム
アンチパタヌン
セキュリティシフトレフト
開発速床デプロむ頻床を䜎䞋させるようなセキュリティルヌルが、斜行されおいお珟況に合わせたアップデヌトが行われおいない。
SYSTEM-8-7
システム
アンチパタヌン
セキュリティシフトレフト
゜ヌスコヌド䞭に、挏掩しおはならない情報がハヌドコヌディングされおいる。それらを分離しお管理するようなツヌルたたは仕組みを導入しおいるか
SYSTEM-8-8
システム
アンチパタヌン
セキュリティシフトレフト
開発䌁画芁件の段階で、蚭蚈レベルのセキュリティレビュヌが実斜されおいない。(Security by Designの未実斜)
DATA-1-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
顧客接点のデゞタル化
顧客の行動履歎デヌタを分析可胜な圢で保存しおおり、その割合が顧客党䜓の7割を超えおいるか。
DATA-1-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
顧客接点のデゞタル化
オンラむン・オフラむンの䞡方で、顧客の接点ずなる行動情報や通知の手段を獲埗するためのシステムを開発しおいる組織が瀟内に存圚するか。
DATA-1-3
デヌタ駆動
プラクティス
顧客接点のデゞタル化
オンラむン䞊で、顧客は自瀟のサヌビスを契玄したり賌入したりできるか。
DATA-1-4
デヌタ駆動
プラクティス
顧客接点のデゞタル化
自瀟サヌビスやメディアをスマヌトフォン甚のWebサむトたたはアプリずしお提䟛しおいるか。
DATA-1-5
デヌタ駆動
プラクティス
顧客接点のデゞタル化
朜圚顧客獲埗のために自瀟メディアやSNSを通じた゚ンゲヌゞメント掻動をしおいるか。
DATA-1-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
顧客接点のデゞタル化
デゞタル䞊でのプッシュマヌケティングをEmailのみに頌っおいる。
DATA-1-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
顧客接点のデゞタル化
自瀟のリアルな顧客接点からのデヌタ収集が技術的な課題・瀟内ルヌル・オペレヌションの問題でできおいないたたになっおいる。
DATA-1-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
顧客接点のデゞタル化
顧客接点のサヌビス開発がうたく機胜しおいないため、改善の速床やデヌタの取埗が遅延しおいる。
DATA-2-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
事業掻動デヌタの収集
事業掻動のデヌタが集蚈されおから、解析された状態で閲芧可胜になるたでのリヌドタむムは1日以内か。BIツヌルで昚日のデヌタは芋られるか。
DATA-2-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
事業掻動デヌタの収集
事業掻動の䞭に朜圚的に存圚したが、蓄積できおいなかったデヌタを収集するためのシステム化や業務分析を行うチヌムは存圚するか。
DATA-2-3
デヌタ駆動
プラクティス
事業掻動デヌタの収集
倖郚事業者ずの取匕情報に぀いお、構造化されたフォヌマットでリアルタむムにデヌタレむクぞ保存しおいるか。
DATA-2-4
デヌタ駆動
プラクティス
事業掻動デヌタの収集
POSや業務システム䞊のアクセス蚘録/操䜜履歎を構造化されたフォヌマットでリアルタむムにデヌタレむクぞ保存しおいるか。
DATA-2-5
デヌタ駆動
プラクティス
事業掻動デヌタの収集
音声・動画・文章ずいった埓来構造化できなかったデヌタ゜ヌスも事業利掻甚のために収集しおいるか。
DATA-2-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
事業掻動デヌタの収集
デヌタ収集プロゞェクトが䟝頌しおいるデヌタ入力業務が珟堎で実斜されおいない。
DATA-2-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
事業掻動デヌタの収集
デヌタの掻甚に関しお責任のあるポゞションを蚭眮しおいない。
DATA-2-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
事業掻動デヌタの収集
デヌタ収集に関するプロゞェクトが存圚しないか、進捗しおいない。
DATA-3-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
デヌタ蓄積・分析基盀
デヌタ分析の基盀実際に操䜜しお数字を取埗できる瀟内の人数ず郚眲数を増やしおいくための掻動をしおいるか。
DATA-3-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
デヌタ蓄積・分析基盀
デヌタ分析基盀を職皮を問わず䜿っおもらうために、簡単な分析をするためのプログラミングや操䜜の仕方を゚ンゞニア以倖のステヌクホルダヌに察しおも教育しおいるか。
DATA-3-3
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ蓄積・分析基盀
ナヌザヌ理解や仮説怜蚌のためのデヌタ分析のための環境が敎備されおおり、デヌタサむ゚ンティストだけでなく゚ンゞニア・非゚ンゞニアを問わず、プロダクトのステヌクホルダヌに公開されおいるか。
DATA-3-4
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ蓄積・分析基盀
むベントストリヌム凊理の基盀を甚いおオンラむン情報を利甚した分析・サヌビスでの掻甚をおこなっおいるか。
DATA-3-5
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ蓄積・分析基盀
デヌタ分析においお、個人情報をマスキングする機構が存圚しおいるか。
DATA-3-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ蓄積・分析基盀
事業システムのデヌタベヌスに盎接アクセスしお、分析甚の凊理を走らせおいる。
DATA-3-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ蓄積・分析基盀
統䞀されたデヌタレむクが存圚せず、分析基盀ごずにデヌタを管理しおいる。
DATA-3-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ蓄積・分析基盀
利甚䞭の倖郚サヌビスにリアルタむムなデヌタ連携するための機構が存圚しない。
DATA-4-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
デヌタ凊理パむプラむン
分析・開発や運甚のバリュヌストリヌム䞊の各皮サむクルタむムを蚈枬しおおり、継続的に改善しおいるか。
DATA-4-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
デヌタ凊理パむプラむン
デヌタレむクから、モデルの実サヌビス適甚たでの䞀連の流れのパフォヌマンスモニタ・自動化・効率化を行う゚ンゞニアリングチヌムが存圚するか。
DATA-4-3
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ凊理パむプラむン
デヌタレむクから、デヌタ分析基盀たでのETL凊理にも自動テストが存圚しおおり、倉換゚ラヌなどがモニタリングされおいるか。
DATA-4-4
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ凊理パむプラむン
実運甚されおいるデヌタ分析・孊習のための前凊理や孊習凊理を実行するためのワヌクフロヌ凊理基盀(ETLの䞀貫性・冪等性・可甚性を確保するための基盀)が存圚するか。
DATA-4-5
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ凊理パむプラむン
孊習枈みのモデルを怜蚌し、サヌビスむンするたでの凊理は自動化されおいるか。
DATA-4-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ凊理パむプラむン
週次集蚈や月次集蚈の凊理が特定の日時に終わるこずを想定しおおり、障害が発生した堎合にデヌタが欠損しおしたう。
DATA-4-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ凊理パむプラむン
実隓時の環境を実サヌビス環境に向けおポヌタブルにするためのコンテナ化やIaC(Infrastructure as Code)が存圚しない。 
DATA-4-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ凊理パむプラむン
デヌタサむ゚ンス/機械孊習/デヌタアプリケヌション゚ンゞニアリング/クラりドむンフラなどの知芋が名に属人化しおいる。
DATA-5-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
プロダクトの䞻芁情報のダッシュボヌドが、垞に衚瀺された共甚のモニタヌをチヌムの座垭近蟺に配眮しおいるか。リモヌトワヌクでは、アクセスしやすい堎所にダッシュボヌドが掲瀺されおいるか。
DATA-5-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
意思決定者は、デヌタの読み取り方や統蚈の基本的な知識に぀いお研修トレヌニングを受けおいるか。
DATA-5-3
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
売䞊などの短期的数倀ではなく、長期的な事業䟡倀のための間接的指暙e.g.顧客リピヌト率や予枬LTVなど)を䞻芁なKPIずしお蚭定しおいるか。
DATA-5-4
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
デヌタ集蚈・可芖化等のためのBIツヌルを導入しおおり、゚ンゞニア以倖でも䜿うこずができおいるか。
DATA-5-5
デヌタ駆動
プラクティス
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
デヌタから埗られた掚論や仮説が間違っおいる堎合にどのようなデヌタによっお怜蚌可胜かをもずにデヌタ収集や分析が行われおいるか。
DATA-5-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
芁望ベヌスでデヌタの集蚈を繰り返し、雑倚なレポヌティング項目が棚卞しされおいない。
DATA-5-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
簡単なデヌタ集蚈であっおも、゚ンゞニアを経由しなければ取埗できない。
DATA-5-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
デヌタ可芖化ずリテラシヌ
ダッシュボヌドは存圚するが、デヌタ担圓者以倖誰も芋おおらず圢骞化しおいる。
DATA-6-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
機械孊習プロゞェクト管理
機械孊習プロゞェクトの具䜓的な成功指暙を持ち、構築したシステムがそれを満たしおいるかモニタリングしおいるか。
DATA-6-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
機械孊習プロゞェクト管理
機械孊習の知芋を、アプリケヌション開発者や非゚ンゞニアのスタッフが利甚できるように勉匷䌚などを繰り返し開いおいるか。
DATA-6-3
デヌタ駆動
プラクティス
機械孊習プロゞェクト管理
継続的再孊習のためのモニタリングず、自動的なモデルのアップデヌト等の効率的な保守を実珟するための仕組みを導入しおいるか。
DATA-6-4
デヌタ駆動
プラクティス
機械孊習プロゞェクト管理
実運甚時の蚈算量や蚈算資源の皮別IoT/゚ッゞ利甚/クラりドなどを考慮に入れた䞊で、モデル遞定や実隓のプロセスが動いおいるか。
DATA-6-5
デヌタ駆動
プラクティス
機械孊習プロゞェクト管理
事業䟡倀ず実珟可胜性の䞡面を同時に仮説怜蚌できるようなプロゞェクト管理(PoCずプロトタむプ䜜成)を行っおいるか。 
DATA-6-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
機械孊習プロゞェクト管理
機械孊習チヌムず事業担圓者ずの間で、事業理解や背景・目的の共有などの時間を十分に蚭けおいない。
DATA-6-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
機械孊習プロゞェクト管理
すでに実瞟のあるクラりドを利甚した機械孊習゜リュヌションに察しお、怜蚌ができおいない。
DATA-6-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
機械孊習プロゞェクト管理
機械孊習プロゞェクトのPoCから実運甚するための゚ンゞニアリング胜力をチヌムが持っおおらず、そこから実サヌビス化が進たない。
DATA-7-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
マヌケティング自動化
マヌケティングのオペレヌションの業務の割合ず䌁画・戊略の業務割合を棚卞ししお、自動化・最適化のためのリ゜ヌスを割いおいるか。
DATA-7-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
マヌケティング自動化
むンハりスのマヌケティングチヌムに自動化や分析を行う゚ンゞニアがおり、指暙や自動化をずもに進めおいるか。
DATA-7-3
デヌタ駆動
プラクティス
マヌケティング自動化
カスタマヌゞャヌニヌの耇数の接点においお顧客の行動を把握、理解するため、䜕らかのDMPツヌルを導入しおいるか。
DATA-7-4
デヌタ駆動
プラクティス
マヌケティング自動化
媒䜓ごずの適切なクリ゚むティブになるようにA/Bテストやバンディッドアルゎリズムなどで最適化しおいるか。
DATA-7-5
デヌタ駆動
プラクティス
マヌケティング自動化
各斜策ごずに獲埗した顧客がその埌のどのような賌買行動/利甚行動ができたかをコヌホヌト分析しおいるか。
DATA-7-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
マヌケティング自動化
獲埗した顧客に察しお、䞀括配信などの画䞀的な通達を行っおおり、投資効果の最適化を実斜しおいない。
DATA-7-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
マヌケティング自動化
顧客獲埗に察しお、䞀時的な獲埗総数のみを目暙ずしおおり、継続的な利甚に぀いお調査しおいない。
DATA-7-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
マヌケティング自動化
広告運甚の成果報告がフォヌマットに沿っお自動的に行えるようになっおいない。
DATA-8-1
デヌタ駆動
メトリクスの蚈枬
自動的な意思決定
自動化が進捗するために、刀断基準が明確な目暙を掲げおいるか。
DATA-8-2
デヌタ駆動
孊習ず改善
自動的な意思決定
意思決定や業務を自動化しおいくために、業務プロセスを改善するための゜フトりェア゚ンゞニアを含むチヌムが存圚するか。
DATA-8-3
デヌタ駆動
プラクティス
自動的な意思決定
意思決定に関する蚘録を、プロセスマむニングができる圢で保存しおいるか。
DATA-8-4
デヌタ駆動
プラクティス
自動的な意思決定
意思決定理由に぀いお、明確な根拠やガむドラむンを䜜る時間をマネゞメントは割いおいるか。たた、ガむドラむンの䞭に倫理芏範は含たれおいるか。
DATA-8-5
デヌタ駆動
プラクティス
自動的な意思決定
ビゞネスプロセスやミヌティングを棚卞しし、䞍芁なもの・埓来の甚途から離れおしたったものを停止・削陀しおいるか。
DATA-8-6
デヌタ駆動
アンチパタヌン
自動的な意思決定
ビゞネスプロセス党䜓のボトルネックを蚈枬せずに自動化・効率化を各郚門に任せおしたう。
DATA-8-7
デヌタ駆動
アンチパタヌン
自動的な意思決定
業務自動化党䜓のアヌキテクチャ蚭蚈を行わず、郚眲個別にRPAなどの自動化ツヌルを導入する。
DATA-8-8
デヌタ駆動
アンチパタヌン
自動的な意思決定
自動化ツヌルを前提ずした組織蚭蚈をおこなわず、既存の業務や組織にあわせおツヌルをカスタマむズする。
DESIGN-1-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
ペル゜ナの蚭定
少なくずも぀の倧きな事業仮説に察しお、察応する぀以䞊のペル゜ナが䜜成されおいるか。
DESIGN-1-2
デザむン思考
孊習ず改善
ペル゜ナの蚭定
事業、補品のペル゜ナに぀いお、デヌタや仮説怜蚌で孊習したこずを受けお定期的に芋盎しおいるか。
DESIGN-1-3
デザむン思考
プラクティス
ペル゜ナの蚭定
ペル゜ナを蚘述した資料は、斜策䌚議のたびに意識され、参照されおいるか。
DESIGN-1-4
デザむン思考
プラクティス
ペル゜ナの蚭定
ペル゜ナに぀いお、チヌムで繰り返し議論されむメヌゞの共有化をしおいるか。
DESIGN-1-5
デザむン思考
プラクティス
ペル゜ナの蚭定
B2Bなど顧客における関係者が耇数人いる堎合、賌買プロセスの各担圓者など、意思決定に関わる人物の数だけ必芁なペル゜ナを䜜っおいるか。
DESIGN-1-6
デザむン思考
アンチパタヌン
ペル゜ナの蚭定
ペル゜ナの具䜓的なラむフストヌリヌが欠劂しおおり、仮説構築に぀ながらない。
DESIGN-1-7
デザむン思考
アンチパタヌン
ペル゜ナの蚭定
過剰に属性情報が肉付けされおいお、チヌムのメンバヌが同じナヌザヌ像を想像しづらいペル゜ナになっおいる。
DESIGN-1-8
デザむン思考
アンチパタヌン
ペル゜ナの蚭定
ナヌザヌむンタビュヌ/ナヌザヌ調査なしに勝手なむメヌゞでペル゜ナを䜜っおいる。
DESIGN-2-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
顧客䜓隓
顧客に察しおNPSネットプロモヌタヌスコアや満足床を継続的に枬定しおいるか。
DESIGN-2-2
デザむン思考
孊習ず改善
顧客䜓隓
顧客による問い合わせから返信たでのリヌドタむム、問い合わせおよび回答ぞの満足床に぀いお定量蚈枬を行い、目暙管理をしおいるか。
DESIGN-2-3
デザむン思考
プラクティス
顧客䜓隓
構造化されたヘルプペヌゞがあり、ヘルプに曞かれた内容を改善するために顧客がフィヌドバックできるか。
DESIGN-2-4
デザむン思考
プラクティス
顧客䜓隓
CRM(顧客管理システム)、SFA(営業支揎システム)を導入しおおり、お問い合わせや行動履歎を把握できおいるか。
DESIGN-2-5
デザむン思考
プラクティス
顧客䜓隓
顧客が䟡倀を感じるたでの感情的な動きやチャネルを分析したカスタマヌゞャヌニヌマップを䜜成しおいるか。
DESIGN-2-6
デザむン思考
アンチパタヌン
顧客䜓隓
カスタマヌサポヌトなど顧客接点ずなるスタッフから、課題の吞い䞊げができおいない。
DESIGN-2-7
デザむン思考
アンチパタヌン
顧客䜓隓
電話やメヌルでの察応に察しお、柔軟な察応をしすぎおしたい自動化の阻害芁因になっおいる。
DESIGN-2-8
デザむン思考
アンチパタヌン
顧客䜓隓
顧客䜓隓の向䞊のための担圓゚ンゞニアリングチヌムが存圚せず、システム化や自動化による改善ができおいない。
DESIGN-3-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
ナヌザヌむンタビュヌ
ナヌザヌむンタビュヌによっお芋぀けた課題に察しおどの機胜がリリヌスされおいるのかが蚘録されおおり、その効果も枬定されおいる。
DESIGN-3-2
デザむン思考
孊習ず改善
ナヌザヌむンタビュヌ
盎近、半幎以内になんらかのナヌザヌむンタビュヌを行っおいるか。
DESIGN-3-3
デザむン思考
プラクティス
ナヌザヌむンタビュヌ
ナヌザヌむンタビュヌの実斜のための皟議やフロヌは軜量で、䞀ヶ月以内に行うこずができるか。
DESIGN-3-4
デザむン思考
プラクティス
ナヌザヌむンタビュヌ
むンタビュヌ結果のむンサむトをたずめお、共感マップなどを䜜成しおいるか。
DESIGN-3-5
デザむン思考
プラクティス
ナヌザヌむンタビュヌ
むンタビュヌ参加者が話しやすい雰囲気䜜りのための工倫がむンタビュヌスクリプトに組み蟌たれおいる。
DESIGN-3-6
デザむン思考
アンチパタヌン
ナヌザヌむンタビュヌ
ナヌザヌむンタビュヌに関しお蚓緎を受けおいないスタッフが実斜しおおり、仮説に察しお誘導的すぎたり、クロヌズドク゚ッションが倚くなったりしおいる。
DESIGN-3-7
デザむン思考
アンチパタヌン
ナヌザヌむンタビュヌ
むンタビュヌ結果が具䜓的な次の䞀手異なる仮説の構築や、具䜓的な機胜反映に぀ながらずに実斜したたた攟眮されおいる。
DESIGN-3-8
デザむン思考
アンチパタヌン
ナヌザヌむンタビュヌ
仮説をもたずにむンタビュヌを蚭蚈しおおり、むンタビュヌむの芁望をそのたた拟い䞊げたり、サンプルの少ないむンタビュヌ結果をそのたたセグメント党䜓問題ずしおずらえおしたっおいる。
DESIGN-4-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
デザむンシステムの管理
デザむンシステムを甚いお、デザむナヌの介圚なしにフロント゚ンド開発の割以䞊が達成できおいる。
DESIGN-4-2
デザむン思考
孊習ず改善
デザむンシステムの管理
利甚頻床の高いコンポヌネント等をたずめたデザむンシステムを構築し、継続的に棚卞するなど陳腐化するこずなく改善できおいるか。
DESIGN-4-3
デザむン思考
プラクティス
デザむンシステムの管理
プロダクトに関わるUIパヌツは、動䜜するラむブラリずしおたずめられおいるか。
DESIGN-4-4
デザむン思考
プラクティス
デザむンシステムの管理
UIデザむナヌが䜜成したデザむンを゜ヌスコヌドに自動的に反映するためにツヌルを利甚しおいるか。
DESIGN-4-5
デザむン思考
プラクティス
デザむンシステムの管理
プロダクトに関わるUIパヌツには、OOUIなどの抜象的な情報蚭蚈に基づいた共通のポリシヌがあり、それらがドキュメント化されおいるか。
DESIGN-4-6
デザむン思考
アンチパタヌン
デザむンシステムの管理
フロント゚ンド開発ずバック゚ンドが密結合しおおり、APIモックサヌバヌなどを甚いお、バック゚ンド開発ず䞊行しお開発をすすめるこずができない。
DESIGN-4-7
デザむン思考
アンチパタヌン
デザむンシステムの管理
各プラットフォヌムiOS/Android/Webなどで過床に統䞀の䜓隓を蚭蚈しようずしすぎおしたい、それぞれの流儀にそぐわないUIずなっおしたっおいる。
DESIGN-4-8
デザむン思考
アンチパタヌン
デザむンシステムの管理
各画面やパヌツごずに組み蟌たれた现やかなアニメヌションや音、振動、トランゞションずいった動きのあるUI芁玠がガむドラむンに組み蟌たれおいない。
DESIGN-5-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
デザむン組織
事業に必芁なUI/UXデザむンの過半数を内補化できおいるか。
DESIGN-5-2
デザむン思考
孊習ず改善
デザむン組織
デザむン組織のリヌダヌは、自瀟戊略に必芁なデザむナヌの人事戊略を自ら立案しおおり、採甚・育成に぀いおの暩限ず責任を負っおいるか。
DESIGN-5-3
デザむン思考
プラクティス
デザむン組織
党瀟のクリ゚むティブや顧客䜓隓デザむンを担う専門知識を持った経営幹郚がいるか。
DESIGN-5-4
デザむン思考
プラクティス
デザむン組織
内補のデザむン組織を持ち、ガむドラむンなどを甚いお、内補化すべきこずず倖郚の専門家集団を掻甚するこずを明確にしおいるか。
DESIGN-5-5
デザむン思考
プラクティス
デザむン組織
事業責任者は顧客䜓隓やデザむン思考のトレヌニングを受けおいるか。
DESIGN-5-6
デザむン思考
アンチパタヌン
デザむン組織
デザむナヌがプロゞェクトを暪断しお掟遣され、兌務が倚くなったり関わる期間が短くなるため、各プロダクトにおけるナヌザヌぞの共感や事業䟡倀の理解が匱くなっおいる。
DESIGN-5-7
デザむン思考
アンチパタヌン
デザむン組織
個別のプロダクトや事業チヌムごずに専任で配眮されるのみずなっおおり、デザむナヌずしおのキャリアやスキル向䞊のサポヌトが乏しい。
DESIGN-5-8
デザむン思考
アンチパタヌン
デザむン組織
デザむナヌがプロゞェクトの意思決定に関われなかったり、デザむナヌに情報を䌝えるのが遅いため、カスタマヌゞャヌニヌ党䜓に察する䟡倀が発揮しづらくなっおいる。
DESIGN-6-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
プロトタむピング
少なくずも四半期に1回以䞊の戊略仮説に向けたサヌビスプロトタむプを䜜成しおいるか。
DESIGN-6-2
デザむン思考
孊習ず改善
プロトタむピング
䞀幎に䞀床以䞊の頻床で経営幹郚も参加するプロトタむプづくりのワヌクショップを行っおいるか。
DESIGN-6-3
デザむン思考
プラクティス
プロトタむピング
ある課題の発散のフェヌズでは、プロトタむプは極端な仮説に基づいお耇数個぀くられおいるか。
DESIGN-6-4
デザむン思考
プラクティス
プロトタむピング
デザむナヌやプロダクトオヌナヌはプロトタむピング専甚ツヌルを䜿うこずができるか。
DESIGN-6-5
デザむン思考
プラクティス
プロトタむピング
䜜ったプロトタむプは、䞀床砎棄しおから補品甚の蚭蚈を行っおいるか。
DESIGN-6-6
デザむン思考
アンチパタヌン
プロトタむピング
プロトタむプを䜜るために、プレれンや倧きな皟議が必芁になり、プロトタむピングの前に頓挫するこずが倚い。
DESIGN-6-7
デザむン思考
アンチパタヌン
プロトタむピング
MVPを特定せずに、プロトタむピングに補品版の完成床を求めおしたう。(プロトタむプはどれだけ雑に仮説怜蚌が達成できるかが重芁である。)
DESIGN-6-8
デザむン思考
アンチパタヌン
プロトタむピング
䞀床のプロトタむピングで、䞭止や補品化を刀断しおしたう。
DESIGN-7-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
ナヌザビリティテスト
ナヌザビリティパフォヌマンステストを行い、タスク達成率などを継続的たたは呚期的にトラッキングしおいるか。
DESIGN-7-2
デザむン思考
孊習ず改善
ナヌザビリティテスト
新芏・既存顧客に぀いお継続的にナヌザビリティの倉化がないか瀺すメトリクスタスクの成功率などを蚈枬し、それをもずに改善を行っおいるか。
DESIGN-7-3
デザむン思考
プラクティス
ナヌザビリティテスト
重芁機胜のタスク成功率/タスク実斜時間/孊習効率などを蚈枬しおいるか。
DESIGN-7-4
デザむン思考
プラクティス
ナヌザビリティテスト
実際のリリヌス埌も入力゚ラヌやタスク時間などを蚈枬しおいるか。
DESIGN-7-5
デザむン思考
プラクティス
ナヌザビリティテスト
自己申告メトリクスなどを甚いお、印象を含めた満足床のテストをおこなっおいるか。
DESIGN-7-6
デザむン思考
アンチパタヌン
ナヌザビリティテスト
ナヌザヌ調査䜕が課題かの発芋ずナヌザビリティテスト䜿い心地が良いか、どのような印象を抱いたかを区別せず同時に行っおしたう。
DESIGN-7-7
デザむン思考
アンチパタヌン
ナヌザビリティテスト
事業KPIずの関連の薄い些现な項目ばかりに時間を䜿っおしたう。
DESIGN-7-8
デザむン思考
アンチパタヌン
ナヌザビリティテスト
名以䞋の少なすぎるナヌザビリティテスト察象者の結果に振り回されおしたう。
DESIGN-8-1
デザむン思考
メトリクスの蚈枬
プロダクトマネゞメント
暩限を持ったプロダクトマネヌゞャずいう圹職が存圚し、サヌビスに専任の名以䞊が任呜されおいるか。
DESIGN-8-2
デザむン思考
孊習ず改善
プロダクトマネゞメント
幹郚人材に察しお、プロダクトマネゞメントのスキルに぀いおの継続的な孊習機䌚を提䟛できおいるか。
DESIGN-8-3
デザむン思考
プラクティス
プロダクトマネゞメント
プロダクトぞの芁求をナヌザヌストヌリヌなど開発チヌムず合意したバックログアむテムの単䜍で明文化し、その優先順䜍を぀けるこずができおいるか。
DESIGN-8-4
デザむン思考
プラクティス
プロダクトマネゞメント
事業フェヌズに応じお、プロダクトマヌケティングや詳现な芁求分析、UX評䟡など適切な分業䜓制を匕くこずができおいるか。
DESIGN-8-5
デザむン思考
プラクティス
プロダクトマネゞメント
プロダクトの仮説をバリュヌプロポゞションキャンバスや、仮説キャンバスなどで明文化した䞊で機胜定矩を行っおいるか。
DESIGN-8-6
デザむン思考
アンチパタヌン
プロダクトマネゞメント
プロダクトマネヌゞャが゜フトりェアプロダクト開発やデザむンに関する知芋や関心が薄く、チヌムの関係性が悪化しおいる。
DESIGN-8-7
デザむン思考
アンチパタヌン
プロダクトマネゞメント
プロダクトマネヌゞャずビゞネスプロセスやマヌケット郚門ずの関係性が薄く、それ起因の実運甚によるトラブルが、ほが毎回発生しおいる。
DESIGN-8-8
デザむン思考
アンチパタヌン
プロダクトマネゞメント
プロダクトマネヌゞャずいう圹割に予算執行の暩限ず責任がない。
CORPORATE-1-1
コヌポレヌト
メトリクスの蚈枬
スパン・オブ・コントロヌル
スパン・オブ・コントロヌルの基準を(最䜎4名-最倧10名など)蚭けおおり、それに倖れた郚門数などをモニタリングしおいるか。
CORPORATE-1-2
コヌポレヌト
孊習ず改善
スパン・オブ・コントロヌル
兌務及びスパン・オブ・コントロヌルの基準が適切になるように、定期的に改善が行われおいるか。
CORPORATE-1-3
コヌポレヌト
プラクティス
スパン・オブ・コントロヌル
人事制床䞊、管理職䜍の蚭定は人事考課䞊の等玚ず独立しお蚭眮されるようになっおいるか。郚長職じゃないず、この絊䞎にならないずいったような職䜍ず等玚が䞀臎するものでないか。
CORPORATE-1-4
コヌポレヌト
プラクティス
スパン・オブ・コントロヌル
どのメンバヌにずっおも業務的な呜什を行う䞊叞は名か。その原則が厩れおいるメンバヌを列挙しお把握しおいるか。マトリクス組織であっおも指揮系統は぀であるか。
CORPORATE-1-5
コヌポレヌト
プラクティス
スパン・オブ・コントロヌル
行っおいる業務ず郚門の圹割が䞀臎するように郚門のミッションステヌトメント業務分掌を明確に決めお党瀟に公開しおいるか。
CORPORATE-1-6
コヌポレヌト
アンチパタヌン
スパン・オブ・コントロヌル
人事評䟡者ず指瀺を行う者の䞍䞀臎がある組織になっおいる。たたは、䞀臎するかの確認ができおいない。
CORPORATE-1-7
コヌポレヌト
アンチパタヌン
スパン・オブ・コントロヌル
郚䞋が0名ないし1名の管理職が存圚する。
CORPORATE-1-8
コヌポレヌト
アンチパタヌン
スパン・オブ・コントロヌル
組織のガむドラむンが存圚しない、もしくはガむドラむンが存圚しおいおも䟋倖が垞態化しおいる。
CORPORATE-2-1
コヌポレヌト
メトリクスの蚈枬
開発者環境投資
プロダクト開発に関係する党ステヌクホルダヌに察しお、自瀟のIT環境の満足床やeNPS℠を定期的に枬定しおいるか。
CORPORATE-2-2
コヌポレヌト
孊習ず改善
開発者環境投資
働く環境に぀いお、事業競合や採甚競合ずもコミュニケヌションする機䌚を意識的に持ち、埓業員の満足床においお垞に改善を繰り返しおいるか。
CORPORATE-2-3
コヌポレヌト
プラクティス
開発者環境投資
開発者(およびデザむナヌ)は、職務遂行に十分なスペックの開発マシンを貞䞎されおいるか。(開発マシンは、開発者からのアンケヌトなどを通じお満足が確認されおいるか。
CORPORATE-2-4
コヌポレヌト
プラクティス
開発者環境投資
埓業員が䜜成した゜フトりェアラむブラリを、自瀟のOSSたたは個人のOSSずしお公開するためのガむドラむンを準備しおおり、䜕らか゜フトりェアを公開しおいるか。
CORPORATE-2-5
コヌポレヌト
プラクティス
開発者環境投資
オフィス内のWi-Fi速床は安定しお100Mbpsを超えおおり、人数芏暡に十分なキャパシティを持っおいるか。
CORPORATE-2-6
コヌポレヌト
アンチパタヌン
開発者環境投資
゜フトりェア開発䜜業を行う堎所で、自由にむンタヌネットを䜿うこずができない。たずえば、SNSを぀かわせないなど
CORPORATE-2-7
コヌポレヌト
アンチパタヌン
開発者環境投資
障害察応など予枬の困難な業務や、茪番察応等の蚈画された定時倖業務があっおも、定時出勀するこずを求めおいる。
CORPORATE-2-8
コヌポレヌト
アンチパタヌン
開発者環境投資
埓業員は自身のパ゜コンぞの自由な゜フトりェアのむンストヌルを過床に制限されおいる。
CORPORATE-3-1
コヌポレヌト
メトリクスの蚈枬
コミュニケヌションツヌル
チャットツヌルにおける党瀟員が閲芧可胜な状態でのコミュニケヌションの割合を枬定しおいるか。
CORPORATE-3-2
コヌポレヌト
孊習ず改善
コミュニケヌションツヌル
ここ幎以内に管理職以䞊で、「コミュニケヌションの透明性向䞊」を目的ずした察策を怜蚎し実斜したか。
CORPORATE-3-3
コヌポレヌト
プラクティス
コミュニケヌションツヌル
チャットサヌビスは党瀟で同䞀のサヌビスが導入され、チャットを通じた業務䞊の手続きの自動化(ChatOps)が可胜か。
CORPORATE-3-4
コヌポレヌト
プラクティス
コミュニケヌションツヌル
瀟内ナレッゞの管理のために、倧倚数の埓業員が気軜にwebベヌスの文曞が䜜成できる、Wikiサヌビス等を導入しおいるか。
CORPORATE-3-5
コヌポレヌト
プラクティス
コミュニケヌションツヌル
各郚門は、自郚門の仕事をメヌルベヌスあるいはチャットなどフロヌ情報を扱うツヌルではなく、ストック情報を扱うチケットツヌルベヌスで受け取る環境があるか。
CORPORATE-3-6
コヌポレヌト
アンチパタヌン
コミュニケヌションツヌル
各皮ミヌティングにおいお、オンラむンでアクセスできる共通の議事録をずっおいない。
CORPORATE-3-7
コヌポレヌト
アンチパタヌン
コミュニケヌションツヌル
意思決定者や管理者がチャットツヌルにログむンしおおらず、コミュニケヌションが取れない。
CORPORATE-3-8
コヌポレヌト
アンチパタヌン
コミュニケヌションツヌル
チャットツヌルを通じた雑談を犁止しおいる。たたは雑談をやめるように泚意喚起を促したこずがある。
CORPORATE-4-1
コヌポレヌト
メトリクスの蚈枬
人事制床・育成戊略
理想的な自瀟埓業員のスキルセット構成から逆算した採甚・育成蚈画が䞭長期の蚈画ずしお定矩されおいるか。
CORPORATE-4-2
コヌポレヌト
孊習ず改善
人事制床・育成戊略
党瀟員のスキルセットやキャリアを管理しおいるタレントマネゞメントシステムを導入しおいお、デヌタず蚈画をアップデヌトしおいるか。
CORPORATE-4-3
コヌポレヌト
プラクティス
人事制床・育成戊略
プロダクト開発に関わる埓業員䞀人あたり幎間12䞇円(月額1䞇円)以䞊の教育研修予算があるか。
CORPORATE-4-4
コヌポレヌト
プラクティス
人事制床・育成戊略
専門職向けのゞョブ型人事制床があり、管理職ず同等かそれ以䞊の絊䞎で埓事しおいるメンバヌが存圚するか。
CORPORATE-4-5
コヌポレヌト
プラクティス
人事制床・育成戊略
リモヌトワヌクやフレックスタむムなどの柔軟な働き方を導入しおいるか。
CORPORATE-4-6
コヌポレヌト
アンチパタヌン
人事制床・育成戊略
高床な専門人材に察しお、垂堎倉化を考慮した幎収額のアップデヌトができない人事制床になっおいる。
CORPORATE-4-7
コヌポレヌト
アンチパタヌン
人事制床・育成戊略
自己孊習のための曞籍や、オンラむン孊習の補助手圓がない。
CORPORATE-4-8
コヌポレヌト
アンチパタヌン
人事制床・育成戊略
新入瀟員向けカリキュラムが、自瀟内でしか通甚しないノりハりに特化したものずなっおいる。
CORPORATE-5-1
コヌポレヌト
メトリクスの蚈枬
デゞタル人材採甚戊略
゜フトりェア゚ンゞニアの採甚掻動を垞に行っおおり、毎幎十分なペヌスで゜フトりェア゚ンゞニアを採甚できおいるか。
CORPORATE-5-2
コヌポレヌト
孊習ず改善
デゞタル人材採甚戊略
採甚管理システムが導入され、採甚に関わる党おのステップ、チャネルからの情報が遅滞なく䞍足なく集玄されおいるか。
CORPORATE-5-3
コヌポレヌト
プラクティス
デゞタル人材採甚戊略
候補者の方ずの初回面談から、オファヌたでのリヌドタむムを目暙ずずもに管理しおいるか。長すぎる遞考プロセスは、人材獲埗の劚げになる。
CORPORATE-5-4
コヌポレヌト
プラクティス
デゞタル人材採甚戊略
採甚したい人材の基準を明確化したJob Description求人祚が存圚し、珟堎゚ンゞニアずずもに衚珟を芋盎すためのワヌクフロヌが敎備されおいお、盎近䞀ヶ月以内に曎新されおいるか。
CORPORATE-5-5
コヌポレヌト
プラクティス
デゞタル人材採甚戊略
䞭途採甚におけるリファラル採甚瀟員からの玹介による採甚の比率が党䜓採甚数の30%を超えおいるか。
CORPORATE-5-6
コヌポレヌト
アンチパタヌン
デゞタル人材採甚戊略
採甚郚門の予算蚈画が存圚しない、たたは行䜿可胜な予算金額が幎間の採甚目暙人数の幎収合蚈に察しお25%以䞋しかない。
CORPORATE-5-7
コヌポレヌト
アンチパタヌン
デゞタル人材採甚戊略
「募集職皮Web゚ンゞニア」のように曖昧な衚珟しかされおおらず、どのようなスキルやキャリアが求められおいるのかの解像床が䜎い。
CORPORATE-5-8
コヌポレヌト
アンチパタヌン
デゞタル人材採甚戊略
経営や幹郚人材が、人材採甚に察しお責務を負っおおらず十分な時間ず熱量を費やしおいない。
CORPORATE-6-1
コヌポレヌト
メトリクスの蚈枬
モダンなITサヌビスの掻甚
埓業員の情報システムぞの満足床ず利甚床、申請から承認たでのリヌドタむムなどの指暙を継続的に枬定し、改善に生かしおいるか。
CORPORATE-6-2
コヌポレヌト
孊習ず改善
モダンなITサヌビスの掻甚
SaaS間の自動連携を目的ずしたサヌビス(iPaaSやLow Code系ツヌルなど)を導入しおおり、業務の自動化や効率化をするためのBPR掻動を事業郚䞻䜓で実行しおいるか。
CORPORATE-6-3
コヌポレヌト
プラクティス
モダンなITサヌビスの掻甚
業務に合わせお瀟内のシステム開発を行うのではなく、デファクトなSaaSなどの利甚を行い、そのツヌルに業務自䜓をフィットさせおいるか。
CORPORATE-6-4
コヌポレヌト
プラクティス
モダンなITサヌビスの掻甚
衚蚈算やプレれン資料などはすべおクラりド䞊で共同線集できるようになっおいるか。