TEAM-6-3

クライテリア

見積りは、実際にその仕事を行う本人を含むチームの複数人で行われているか。

タイプ

経験主義的な見積もりと計画

観点

プラクティス

FAQ

Q.見積もりをするにあたって気をつけることはなんですか?

見積もりはあくまでも予測であってコミットメントではないことを認識しておくことが重要です。計画に柔軟性を持たせることでビジネス環境の変化に対応するアジリティを獲得できます。

Q.見積もりするにはどんな方法がありますか?

プラニングポーカーなどの方法があります。

用語解説

プランニングポーカー

相対的な見積もりをチームで行う際に、カードを使って行う手法です。カードには「0,1,2,3,5,8」のようにフィボナッチ数列のように、数字が小さいほど段階が細かく、大きくなるほど広くなるような数値が記載されています。基準となるユーザーストーリーを一つ選定しておき、それに対する数値をチームで合意します。その後、見積もり対象のユーザーストーリーに対して、複数人が同時にカードを出し合い、数値の差が何故生まれたのかなどを議論することで属人性の排除を行うことができます。

参考資料