😃

エンジニアリングマネージャー

あなたがもしこんな状況だったら

あなたはエンジニアリングマネージャーとして、同じ職種のメンバーで構成されたチームのマネジメントを担当することになった。 まずはメンバーへの挨拶を兼ねて1on1を実施したところ、開発に関わるさまざまな声が上がった。 「ソフトウェアの品質が悪く、リリースの度にバグが発生する」「セキュリティ事故が怖いが対策が講じられていない」「プロジェクトはいつも納期に間に合わない」「チームとしての一体感がない」... 課題は多岐に渡り、どこから着手すべきかあなたは途方に暮れていた。

さて、何から取り組むべきだろう。

まずとりかかりたい最初の10個

テクノロジーマネジメント

すべてのアプリケーションコードをGit/GitHubなどのバージョン管理システムで自社管理しているか。(権利を有する全てのソースコードについて、自社がアカウントを管理する統一のバージョン管理システムで扱っているか)
SYSTEM-1-3
コードレビューをする習慣や規則があり、本番用ブランチ(master / mainなど)へのマージはコードレビューを必須としているか。
SYSTEM-2-3
プロダクトの半分以上のモジュール/クラスファイルに対して、ユニットテストが存在しているか。
SYSTEM-3-3
4半期から1年の間で定期的に、全体的なアプリケーションとインフラの脆弱性診断を受けているか。
SYSTEM-8-5

プロジェクトマネジメント

チームとチームメンバーの権限について、RACI図やデリゲーションポーカーなどによって、可視化され共有されているか。
TEAM-1-3
インセプションデッキまたはプロジェクト憲章を作成し、チームの存在理由についてチーム全員が把握しているか。
TEAM-2-3
チームメンバー間で挨拶をしたり、雑談をする習慣はあるか。
TEAM-3-4
ビジネス上、重要なマイルストーンとそのスケジュールをチームで常に共有し、その進捗を確認しているか。
TEAM-5-5
見積りは、実際にその仕事を行う本人を含むチームの複数人で行われているか。
TEAM-6-3
ふりかえりの場はチーム全員が参加しているか。

より深く改善したいとおもったら

次に導入するならチームの項目/システムの項目を自分のチームで取り入れてみて、改善結果をもとに全体に広げていきましょう。