page icon

デザイン思考

 
💡
デザイン思考は、大胆なイノベーションを創出するためのアプローチです。自社のビジネス都合なものの考え方から一時的に逃れ、利用者との共感と価値、そして概念的な仮説構築などを行います。この際にプロトタイピングやユーザビリティテストを通じて仮説の確からしさを徐々に確かめていきます。このようなプロセスでは、新規の事業創出をリードしていくプロダクトマネージャーやUI/UXデザイナーはソフトウェアエンジニア・データサイエンティストと並んで、重要な職能人材です。
 

1.ペルソナの設定

なぜ重要か

製品を使ってくれる顧客の具体的なイメージを共有するためにペルソナという仮想の人格を定義するという手法があります。 ペルソナを用いることでチームの議論が活発になり、エンジニアやデザイナーの事業理解も進みやすくなり、より高速な開発や価値のある開発が可能になります。
 

2.顧客体験

なぜ重要か

顧客からの問い合わせに対する効率的なマネジメントは、サブスクリプションや継続率を重視するサービス型の事業にとっては短期の売上以上に経営インパクトのある指標です。 そのため、顧客の行動履歴から重要なインサイトの発見や満足度の向上にどれだけ投資できているかはデジタル化のインジケータになります。
 

3.ユーザーインタビュー

なぜ重要か

顧客の隠れたニーズや、課題の感覚を拾い上げて数字になかなか現れない事業仮説を構築するというのは、とても難しい創造的な工程です。 それを補助するためには、専門的な知見と実際のインタビュー接点を持ち続けることは必要不可欠な事業ケイパビリティになります。
 

4.デザインシステムの管理

なぜ、重要か。

UIデザイナーとフロントエンドエンジニアの連携の良さは高速なアプリケーション開発にとって重要な要素です。 また、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの連携のしやすさも課題になります。このようにデザインの反映も自動化していくというサイクルが質を生み出していきます。

5.デザイン組織

なぜ、重要か。

デザイナーは、開発者と同じように希少な人員になるため、プロジェクトやサービスの専任ではなく兼務や時間的・心情的なコミットメントが成約されやすい職種です。 一部の工程だけではなく、全体の工程に溶け合いながら関わることで相互理解がうまれ、デザインの専門性を事業に反映しやすくなります。
 

6.プロトタイピング

なぜ、重要か。

マーケットの不確実性の高い現在では、サービスや製品を完成させてから評価する手法は不向きです。 一度、中核価値の部分だけを雑に作成し、それを評価し直して、再度完成品を作り直すというサイクルが重要になります。 失敗をできるかぎり早めるためにどのような投資をしているかをチェックします。

7.ユーザビリティテスト

なぜ、重要か。

顧客の使い勝手の評価を、数値的に裏付けを持って改善することで、思い込みをもってしまいやすいデザインの分野においても数値による評価を行うことができます。 ユーザー調査と異なり、ニーズの検証ではなく。ある程度動作する製品やプロトタイプに対しての使いやすさ・使いごこちを評価していきます。

8.プロダクトマネジメント

なぜ、重要か。

プロダクトマネージャという役職は、プロジェクトマネージャとは異なり、継続的に顧客と繋がり続けるようなサービスのビジョン、仕様決定、マーケティングまでを行うような専門職です。 事業に応じて、多様な専門性と直感が必要になるため、育成の支援とフォローしあえる体制構築が鍵となります。